こんにちは!

この記事では、木村昴さんがアニメ「ドラえもん」のジャイアン役を演じたのはいつからなのか?

ジャイアンの初代声優は誰なのか?

どのようにしてこの役を獲得し、声優業界での地位を築き上げてきたのか等を記していきます。

ジャイアン役を超えた彼の多方面での活躍と、ファンとの深い絆や木村昴さんの情熱と才能が、どのようにして彼を声優業界で際立たせたのかを見ていきます。

木村昴のジャイアン役はいつから?

木村昴さんは、2005年からジャイアン役を務めています。

当時、木村さんは中学2年生(14歳)で、オーディションでジャイアン役に選ばれました。

前任のたてかべ和也さんから引き継ぎ、現在までジャイアン役を務めています。

木村さんにとって、ジャイアン役は声優としてのデビュー作であり、代表作でもあります。

木村さんの演技は、たてかべさんのような迫力と、木村さん自身の個性が見事に融合し、多くのファンから支持されています。

木村さんは、ジャイアン役以外にも、様々なアニメやゲームに出演しています。

また、歌手や俳優としても活動しています。

木村昴のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

木村昴 Subaru Kimura(@kimura_subaru)がシェアした投稿

 

こちらに木村昴さんの簡単なプロフィールをまとめてみました。

 

氏名 木村 昴(きむら すばる)
生年月日 1990年6月29日
年齢 33歳(2024年2月現在)
出身 ドイツ・マクデブルク県
身長 183cm
血液型 O型
所属 株式会社アトミックモンキー
主な活動
  • 声優: ジャイアン(ドラえもん)、山田一郎(ヒプノシスマイク)、東堂葵(呪術廻戦)、藤木遊作(遊☆戯☆王VRAINS)など
  • 俳優: ミュージカル「アニー」、ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」など
  • ラッパー: ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-
  • その他: ナレーター、司会者など

 

木村昴さんって、本当に多才な方ですね!

声優、俳優、ラッパー、ナレーター、司会者など、様々な分野で活躍されています。

特に印象的なのは、言うまでもなくジャイアン役の声優です。

木村さんの演技は、たてかべ和也さんとはまた違った迫力があり、ジャイアンの魅力を存分に引き出していると思います。

また、ヒプノシスマイクの山田一郎役も、木村さんのラップスキルが存分に発揮されていて、とてもカッコいいです。

木村さんの今後の活躍が、ますます楽しみです!

声優としてのスタート

ドイツ生まれのバイリンガルとして、日本に移住後、演技への情熱を追求し始めた木村昴さん。

劇団日本児童での経験が、彼の演技キャリアの基礎を築きました。

私が初めて木村昴さんの名前を聞いたのは、彼がジャイアンの声を担当していることを知った時でした。

彼の経歴を調べてみると、音楽家の家庭に生まれた彼がどうして声優の道を選んだのか、非常に興味深いです。

特に、劇団日本児童での経験が彼の演技への情熱をさらに高めたという話は、彼のキャリアにおいて重要な転機だったと言えるでしょう。

ドイツと日本、二つの文化の中で育った彼のバックグラウンドが、彼の演技にどのような影響を与えているのか考えるとわくわくします。

ジャイアン役オーディションの挑戦

「ドラえもん」のジャイアン役のオーディションに挑んだ木村昴さん。

当初は冗談半分で挑んだものの、最終的に役を勝ち取るまでの心境の変化を紹介します。

ジャイアン役のオーディションに挑む木村昴さんの心境を想像するだけでドキドキします。

最初は軽い気持ちで挑んだものの、オーディションが進むにつれて真剣に取り組むようになったというのは、彼のプロフェッショナルな姿勢を示しています。

オーディションでの緊張と期待、そして役を勝ち取った時の喜びを思うと、彼の努力が報われた瞬間だったに違いありません。

14歳の若さで大役を務めることになった彼の勇気とチャレンジ精神には、本当に頭が下がります。

ジャイアンの初代声優は誰?

ジャイアンの初代声優は、意外なことにスネ夫役として有名な肝付兼太さんです。

肝付さんは、1973年の日本テレビ版「ドラえもん」でジャイアン役を演じました。

その後、1979年のテレビ朝日版「ドラえもん」でジャイアン役はたてかべ和也さんに交代し、肝付兼太さんはスネ夫役を演じました。

管理人世代にはこちらの配役が一番馴染みがあります。

それにしても初代ジャイアンがスネ夫役で有名な肝付兼太さんだったとは驚きでした。

木村昴版ジャイアンは、はたてかべ和也さんの次の3代目ということになりますね。

たてかべ和也さんとの特別な絆

木村昴さんがたてかべ和也さんと初めて出会ったのは、ジャイアン役のバトンを引き継ぐ時でした。

たてかべさんは、木村さんにジャイアン役の深い意味と、役に対する情熱を伝えました。

特別な約束として、たてかべさんは木村さんが成人になったら一緒にお酒を飲むことを提案しました。

この約束は、二人の間の信頼と尊敬の証として、木村さんにとって忘れられないものとなりました。

互いの影響

たてかべ和也さんから学んだこと、そして彼との貴重な時間が木村昴さんに与えた影響に焦点を当てます。

たてかべさんから声優としての貴重なアドバイスを受け取った木村さんは、技術だけでなく心の持ち方も学びました。

二人の交流は、木村さんのキャリアにおいて大きな影響を与え、彼の演技に深みを加えました。

たてかべさんと過ごした時間から、木村さんは声優としてのアイデンティティを確立しました。

この経験は、木村昴さんが今日に至るまでジャイアン役を演じ続ける原動力となっています。

木村昴の声優としての活躍

木村昴さんは、国民的アニメ「ドラえもん」のジャイアン役で知られていますが、声優としての活動はそれだけではありません。

彼は様々なアニメやゲームで個性的なキャラクターを演じ、その幅広い演技力で多くのファンを魅了しています。

ここでは、ジャイアン役以外における木村昴さんの代表作と、彼の才能の幅広さについて紹介します。

他の代表作との挑戦

木村昴さんの代表作の一つは、音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク」です。

彼はイケブクロ・ディビジョン“Buster Bros!!!”の山田一郎役として、ラップだけでなく演技も披露し、人気を博しています。

また、アニメ「呪術廻戦」では禪院真希役、「鬼滅の刃」では嘴平伊之助役など、話題作で重要なキャラクターを演じています。

これらの作品では、ジャイアンとは全く異なるキャラクターを演じ、その演技力の高さを証明しています。

木村昴さんは、声優業以外にも、俳優や歌手としても活動しています。

ドラマ「半径5メートル」では主演を務め、その演技力で評価されました。

また、歌手としては「ヒプノシスマイク」のキャラクターソングだけでなく、ソロ曲もリリースしています。

木村昴さんは、声優としての活動に留まらず、様々な分野に挑戦し続けています。

彼の才能は幅広く、今後ますます活躍の場を広げていくことでしょう。

音楽への情熱

木村昴さんは、声優としての活動だけでなく、音楽への情熱も持ち合わせています。

彼はラップや歌が得意で、ヒプノシスマイクではキャラクターソングだけでなく、自身のソロ曲もリリースしています。

また、ライブイベントにも積極的に参加し、そのパフォーマンスで観客を魅了しています。

木村昴さんにとって音楽は、自己表現の手段の一つです。

彼は音楽を通じて、自分の感情や想いを表現しています。

彼の音楽には、彼の熱意と情熱が込められています。

木村昴さんは、声優としてもアーティストとしても、これからも活躍し続けていくことでしょう。

彼の今後の活動から目が離せません。

木村昴にとってジャイアン役の意味

14歳という幼い頃から演じ続けているジャイアン役は、木村昴さんにとってかけがえのない存在です。

声優としてのキャリア、ファンとの関係、そして彼のアイデンティティに大きな影響を与えてきました。

声優としてのアイデンティティ

木村昴さんにとってジャイアン役は、声優としてのキャリアを築き、確立する上で欠かせない存在でした。

国民的なアニメであるドラえもんの主要キャラクターを演じることで、彼は多くのファンを獲得し、声優としての知名度を大きく上げました。

また、ジャイアンという個性的なキャラクターを演じることで、声優としての演技力を磨くことができ、様々な役柄を演じる幅を広げることにも繋がりました。

ジャイアン役は、木村昴さんにとって声優としてのアイデンティティそのものと言えるでしょう。

彼はインタビューで、「ジャイアン役を演じることで、声優としての責任感と自覚が芽生えた」と語っています。

また、「ジャイアンというキャラクターを通して、多くの人に笑いや感動を与えられることに喜びを感じている」とも語っています。

ジャイアン役は、木村昴さんにとって単なる仕事ではなく、人生の一部であり、彼の声優としてのキャリアを支える柱となっています。

ファンとの関係

木村昴さんは、長年にわたるジャイアン役を通じて、多くのファンと深い関係を築き上げてきました。

彼はファンイベントに積極的に参加し、ファンの声を真摯に受け止めることで、ファンとの信頼関係を築いています。

また、自身のブログやSNSを通じてファンと交流し、積極的にコミュニケーションを図ることで、ファンとの距離を縮めています。

彼はファンのことを「ジャイアンファミリー」と呼び、常に感謝の気持ちを忘れません。

ファンからの声援は、木村昴さんにとって大きな支えであり、彼の活動を続ける原動力となっています。

木村昴にとってのジャイアン役とは

木村昴さんにとって、ジャイアン役は単なるキャラクターではなく、人生の一部であり、彼のアイデンティティそのものです。

声優としてのキャリアを築き、ファンとの深い関係を築き上げる上で、ジャイアン役は欠かせない存在でした。

これからも木村昴さんは、ジャイアン役を通じて多くの人に笑いや感動を与え続けると同時に、声優としてのキャリアをさらに発展させていくことでしょう。

 

あわせて読みたい!

★木村昴さんについてはこちらの記事でも紹介しています!

⇒ 木村昴の父親は中央大学の教授?2024年現在は離婚して別居?

 

木村昴のジャイアンはいつから?:まとめ

この記事では、木村昴さんがアニメ「ドラえもん」のジャイアン役を演じたのはいつからなのか?

などについて記してきました。

声優木村昴さんがジャイアン役を通じて歩んできた道のりは、彼の多才な才能と深い情熱の証です。

ジャイアン役から始まった彼のキャリアは、今後も多くのファンに影響を与え続けるでしょう。

彼がこの役を通じて表現した情熱は、私たちファンにとっても大きな魅力となっています。

木村さんの声優としての旅は、彼自身の成長だけでなく、ファンの心にも深い印象を残しています。

ジャイアン役を超えた彼の活躍は、声優業界における彼の地位を確固たるものにしました。

これからも木村昴さんの活躍に期待大です。彼の才能がこれからも多くの作品で輝き続けることを願っています。

最後までお読み頂きありがとうございました。