【新型コロナ】都内のタクシー会社はどこ?東京都内4人目でショック?

 

こんにちは!

 

東京都内で70代のタクシー運転手の日本人男性1人が、

新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。

 

タクシー運転手が勤めているタクシー会社はどこなのでしょうか?

 

新型コロナ感染の都内のタクシー会社はどこ?

 

報道によるとタクシー運転手の男性は、

主に中国からの観光客などを乗せて、

羽田空港と都心部などを行き来していたということです。

 

タクシー車内は密室で数時間狭い空間で一緒にいるため、

そこで中国の武漢から来た客を乗せて、

感染した可能性が高いですね。

 

現在までのところ、

 

タクシー運転手の勤めているタクシー会社名は公表されていませんが、

 

羽田空港と東京都内を運行している主なタクシー会社は、

 

10社以上存在します。

 

個人タクシーの可能性もありますが、

都民の不安を早期に解消するためにも、

一刻も早く会社名を公表するべきだと思います。

 

そうすることで、

余計な不安を解消するとともに、

感染拡大を未然に防ぐことにつながるからです。

 

公表され次第追記いたします。

 

スポンサーリンク

ネット民の声

A男左若

・もう都内で日常生活送ってるだけで感染しうる状況になったってことですね。

ただの咳だと思って病院にも掛かっていない人が感染していて、

電車通勤でもしていたら、いよいよパンデミックじゃないですか。

 

B男右中

・呑気に中国人受け入れた国の責任だな。

中国マネーがお目当てに。

ツアー以外の個人旅行も全て禁止にすれば良かっただけ。もう手遅れだな。

オリンピックも怪しくなってきた。

元政権、どう責任とる?

厚労相、クルーズ船一度でも訪問してみたら?検疫官と同じ装備でね。

 

E男左老

・政府の責任は大きい。中途半端な事をするからこうなる。

アメリカの非難の内容はごもっともだと思ったのと同時に、

いざとおう時には周りの声に流されず、

確固たる封じ込めを、するべきだったの同時に、

武漢からの一陣で帰国された方のなかに、家が無い人がいて、都営住宅ってそれが驚いた。

どこまで日本で納税してない人に血税をつかうのかと。。

 

 

 

新型コロナ国内感染者

 

2020年2月13日現在、

日本国内での感染が公表されているのが以下の4名です。

 

・神奈川 80代女性(死亡)

 

・東京都内 70代タクシー運転手

 

・和歌山県 50代医師

 

・千葉県 20代男性

 

そして、コロナウィルスによる、

日本国内で初めての死亡者である神奈川県在住の80代女性は、

 

今回の70代タクシー運転手の義理の母親であることが判明致しました。

 

一刻も早い国の適切な対応が望まれます。

 

まとめ

【新型コロナ】都内のタクシー会社はどこ?東京都内4人目でショック?

 

今回は、新型コロナ感染の都内のタクシー会社はどこ?

について書いてきました。

 

都民に動揺が広がりつつあるようですが、

必要以上に恐れることなく正しく対処することが必要だと思います。

政府の早急な対応に期待します。

 

<関連記事>

埼玉県の未就学児は何市の子?病院はどこ?【コロナウイルス感染】>>

スポンサーリンク