サマーネット

日常の「へぇ~」情報を発信していきます。

好きなドラマについて

   

今日は好きなドラマについて書いてみたい。今までいろいろなドラマを見てきたが、どれがNO.1かと聞かれたらやはり『24 -TWENTY FOUR-』と言うことになるだろうね。始めてこのドラマを見たときの衝撃は忘れられない。こんなに面白いドラマがかつてあっただろうか?スリルとサスペンス、息をもつかせぬスピーディーな展開。そして、リアルタイムで展開する斬新な脚本(つまり、ドラマの放映時間が1時間なんだけど、ドラマのなかでも1時間しか経過していないと言うこと。全24話で24時間分の話しという訳)

CTUというテロ対策ユニットに勤務するジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)という主人公がテロリストたちの悪事を阻止する話なんだけど、シーズン1はそのジャック・バウアーの娘キムが誘拐されて、その娘を無事取り戻せるかというストーリー。

文字に書いてしまうとそれだけなんだけど、映像はハラハラ、ドキドキの展開で続きが気になって眠れないくらいだった。ひどい時は続きが気になって我慢できずに、真夜中にレンタルビデオ屋までわざわざ借りに言ったことさえある。いい年のオッサンがする行動ではないけど、それだけ面白かったというこさ。

初めてこのドラマを見たときは無信仰のくせに神に感謝しそうになったよ。この「24」は今シーズン8位まで続いているのかな。正直シーズン4位からはマンネリ化してきて当初の勢いは無くなって来た感じはするけど、それでも新シリーズが出ると見てしまうからね。因みにシーズン2はテロリストが核兵器を盗み出しそれを都会のど真ん中で爆発させようと企むんだけど、それをCTUが阻止できるのかというストーリー、シーズン3は細菌兵器を都心にばらまこうと企むテロリストをこれまた阻止できるのか?というストーリー。

一言で言ってしまうと身もふたもないけど、実際のドラマは面白い、面白い。どうせ全部阻止できるんでしょ、と思ったそこのあなた、ところがどっこいそう単純じゃありません。どんでん返しに継ぐどんでん返し、裏切りに継ぐ裏切り、次から次に視聴者をいい意味で裏切る展開にあなたは度肝を抜かれることでしょう。

キーファー・サザーランドのシャレが通じなさそうな雰囲気が、ジャック・バウアー役にピタリとはまって違和感がありません。キーファー・サザーランドは役つくりではなくて普段からああいう人なんじゃないかと疑ってしまうほどピタリとはまってます。あともう一つ言える事は、どんなに就職難でもCTUだけには就職してはいけません。命がいくつあっても足りません。アメリカに本当にCTUという組織があるかどうか知らないけどね。

いずれにせよ、未見の方は一度見ておいて損のない作品ですよ。