サマーネット

日常の「へぇ~」情報を発信していきます。

あずまきよひこの結婚や子供について!画力や高校・大学を調査!

      2017/04/24

あずまきよひこ

出典:https://twitter.com/azumakiyohiko

こんにちは、ヒロです。

今回は「よつばと!」で人気の漫画家あずまきよひこさんの結婚や子供、画力、出身高校や大学について調べてみました。

まずはあずまきよひこさんのプロフィールからどうぞ

あずま きよひこ
本名:東 清彦(あづま きよひこ)
生誕: 1968年5月27日(48歳)
出身: 兵庫県高砂市
活動期間:1994年頃 –
代表作:『あずまんが大王』 『よつばと!』

BSマンガ夜話「よつばと!」あずまきよひこ特集の動画↓↓↓

スポンサーリンク

 

あずまきよひこは結婚して子供がいるの?

あずまきよひこさんの結婚情報を調べましたが、あずまきよひこさんはプライベートを公にしない方針らしく、

結婚や子供に関する情報はつかめませんでした。申し訳ありません。

ただ、2011年に書かれたあずまさんのブログに

漫画の資料用に使った子供用の椅子を「子どもがいない」ということを理由に購入をためらっていると書かれているため、

少なくとも2011年までは子供はいなかったようです。

ここからは推測ですが「子どもがいない」という表現は結婚しているこが前提で発せられることが多いので、

個人的には結婚はしている可能性は高いと思います。

ただ、ネット上の書き込みには独身だという情報もあり、真実は分かりません。

このあたりは、また情報が入り次第追記いたします。

あずまきよひこの画力は高いの?

ネット上の評判を拾っていくと、総じてあずまきよひこさんの絵の評価は高いようです。

一見、子供向けのシンプルな絵柄なので、しろうと目から見るとそんなにうまくないように見えますが、

絵心のある人から言わせるとあずまきよひこさんの絵は相当高いレベルにあるようです。

以下、YAHOO!知恵袋よりあずまきよひこさんの画力について発言されている部分を引用いておきます。

あずまきよひこさんは、めちゃくちゃ上手い人ですよ。

漫画家にとって上手いか下手かの分かれ目の一つに、 『ドラえもんがちゃんと描けるかどうか』という基準があります。

これはつまり、つけペンで絵を描く時に一番難しいのが、 『円』で構成された物体を描くことだからなのです。

ドラえもんの顔や体は、まさしく『円』ばかりですよね。

あれは簡単なようで、ほんの僅かな線の歪みも許さない、大変技術を要するデザインなんです。

翻ってあずまきよひこ先生ですが、よつばのデザインを改めて見ると、

シンプルながら綺麗な『円』や『曲線』を用いた、これまた歪みを許さない高度なデザインだとわかります。

絵柄がシンプルなだけで、現代の漫画家の中ではトップレベルに画力のある方だと思います。

YAHOO!知恵袋より引用
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12116593637

なるほどな~と、私は絵については素人なので分かりませんが、あずまきよひこさんの画力はそうとう高いレベルにあることは間違いないようです。

スポンサーリンク

 

あずまきよひこの出身高校や大学は?

あずまきよひこさんは兵庫県立加古川東高等学校卒業後に、一度大阪芸術大学芸術学部映像学科に入学しますが1年で中退。

中退後2年ほど美術系の専門学校に通った後、神戸芸術工科大学芸術工学部視覚情報デザイン学科に入学されます。

そこで同人誌を発行したことがきっかけで漫画家の道へ進まれたそうです。

けっこう紆余曲折されているんですね。

ちなみに兵庫県出身の漫画家には、あの漫画の神様、手塚治虫先生や横山光輝先生がいます。

兵庫県というのは大漫画家を生む土壌があるのでしょうか?

まとめ

あずまきよひこさんは、休載が多く現在あまり執筆活動は盛んではない様子ですが、

まだまだお若いのでこれからも 読者を感動させる素晴らしい作品を生み出されることを期待しています。

お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク